<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
デンマーク 2/5

いよいよ帰国です。

 

帰りは成田から羽田へ行かねばなりません。

成田で自分の預けたバックを取る時、間違ってしまった夫。

宅急便を預ける時に気づいて、大慌てで届けて、、、

 

宅急便で2つのバッグを自宅へ

 

バスで羽田空港へ

伊丹からレンタカーで自宅に

空港に迎えに来てくれた車でレンタカー会社で車を受け取る

ナビの設定もすいすい

 

今回の旅は我々老夫婦にとって、ちょっとハード過ぎました。

夫のプランですが、仕事が忙しく時間がないなか、アイスランドでのツアーを業者任せにした事が大きな間違いだったように私は思います。

東京大阪間を4往復位したようなロングドライブだった訳で、

それも雪や強風、大雨の中時速90kmで走ると言うハードな事!

 

wifiのルーターを持って行かなかった事も大きな後悔でした。

 

SASのプラスだからと荷物を増やしたのは、間違いだったとつくづく、、、

 

カード社会であると事前に分かっていたのに、夫がドルから両替を少額ですが空港でしてしまい、私はカードでキャッシングをしてみたら、結局残ってしまい、どうしようもありません。

一番最初のタクシー移動でキャッシュが必要かと思ったら、おつり銭を持っていないのでカードにしてくれと言われました。

コンビニでもすべてカードでした。

 

そしていつも思う温かい便座とウオッシュレット、バスタブの恋しい事

今回のホテルでシャワーとトイレの床に仕切りというか、区切りというか段差がないところが3つあり、

床がビチャビチャに、、、

 

認知障害の症状があるのではと思う我々夫婦が無事帰国出来た事に感謝です。

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

 

 

| Iceland.Denmark 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
アイスランド 2/4.

お昼の便で帰国予定。

なので荷造り完了してから、午前中観光。又もや霧雨

 

アマリエンボー宮殿へ行きたいので、その前に人魚姫のところへタクシー移動

 

_DSC8720.JPG

下半身が魚になっていません。

モデルの足が美しいので、彫刻家が少しだけひれを付けているだけにしたそうな、、、

 

函館五稜郭みたいな要塞 Kastellet,

周りはお濠になっています。

 

_DSC8728.JPG

 

_DSC8734.JPG

_DSC8739.JPG_DSC8740.JPG

 

_DSC8731.JPG

 

この建物じゃない方には人が住んでいました。

 

_DSC8744.JPG

どんな人が住んでいるのやら?

 

_DSC8742.JPG_DSC8751.JPG

 

反対側の入り口にあった銅板

 

_DSC8750.JPG

 

もう少し歩いて

_DSC8770.JPG

 

この教会の正面にあります。

 

アマリエンボー宮殿

霧雨がずっと、、、もやっています。

 

_DSC8779.JPG

 

_DSC8775.JPG

 

_DSC8787.JPG

 

_DSC8778.JPG

交代式は正午から、でも待つには寒すぎる

なので、タクシーでホテルに戻る。

 

空港へタクシーで。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

| Iceland.Denmark 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
コペンハーゲン 2/3

まず最初にロイヤルコペンハーゲンのアウトレットへタクシーで

ホテルが呼んでくれたタクシーはえらく大きい

 

_DSC8503.JPG

 

_DSC8504.JPG

 

日本語表記もある看板

 

昔はここに工場があったところ、今は郊外に移転している

元ペインターだったという日本の女性がスタッフとして今はアルバイトとして働いておられます。

フランス留学中に知り合った方と結婚してたまたまこの近くに住んだので、求職したそうで、

絵を描いてきてくださいと言われ、持って行った事からペインターの道に

20年ペインターとして働いていたところ、会社が郊外に移転するのがいやで、スタッフとして働く事になったそうです。

今は年金生活だそうです。以前デンマークへ仕事で来たことがある夫は年金生活、医療制度について、話が盛り上がる

私は絵付けの事で盛り上がる。

石井氏はずっと後輩だったそうです。

彼女は2度社内で賞をもらったことがあるそうです。

 

そして一番驚いたことはロイコペジャパンとは別会社だと言うのです。

だから、送料を考えると日本のアウトレットで買う方がいいと。

 

白磁を探してみたけど、重いので辞めました

 

シリコンカバーのついたカップをゲット

 

_DSC8531.JPG

昔の工場の煙突は残されています

 

地下鉄で街へ

チケットの買い方を彼女におしえてもらっていましたが、実際は???

若い女性が親切に教えて下さいました。

zoneという意味が分からなかったのですが、2駅が1zoneのようでした

2人分の追加購入の仕方とかも、なるほど!

クレジットカードで購入

しかし、改札口がないので、買わずに乗ったとしてもOKではと思いました。

見つかったらものすごい罰金らしいけど、、、

車内に自転車も持ち込めるのにはびっくり

 

先ずマクドでwifiにつながって、行き先を決定

google mapを設定してナビはwifiにつながっていなくても、ナビしてくれることに初めて気づきました。

 

Nyhavn  ニューハウン

 

_DSC8549.JPG

 

_DSC8553.JPG

 

_DSC8555.JPG_DSC8557.JPG_DSC8560.JPG

遊覧船が回転して出発していきます

 

ストロイエ方面へ

歩行者天国

_DSC8575.JPG

 

ロイヤルコペンハーゲン本店

 

_DSC8645.JPG

店内は撮影可でした。

 

_DSC8591.JPG_DSC8600.JPG_DSC8607.JPG

本当に高価なお値段 Floria Danica フローラダニカシリーズ これは 約¥530000.

 

イースターエッグ

 

_DSC8636.JPG_DSC8640.JPG_DSC8647.JPG

 

レゴショップ

 

_DSC8662.JPG_DSC8672.JPG

 

自転車走行がホントに多い

子供3人乗ってます

 

_DSC8682.JPG_DSC8655.JPG_DSC8686.JPG

 

H&MやTIGER等のお店

金曜日のせいか結構な人の流れ

外はかなり寒いけど、お店の中は暑い、、汗かいたり寒かったり、、、

 

チボリ公園が見えてきました

 

_DSC8688.JPG

 

冬の間は入れません、が、何故か子供達が入って行きます

 

_DSC8694.JPG

 

駅を通り抜けてホテルへ

この日はかなり歩きました。

 

夕食は昨夜いっぱいで入れなかったレストランへ

しかし、通されたところは一番奥で、6人の男性が大声でしゃべっている隣で、、、

美味しかったけど、、、なんだかなあでした。

 

荷造りに励む。

捨てて帰るものの選別、夫の登山靴、

成田から宅急便で送るバッグとスーツケースの中身の選別

 

 

 

 

 

 

 

 

| Iceland.Denmark 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
アイスランド 2/2.

コペンハーゲンへ移動です。

朝9時に出発

空港までは1時間足らず

出発ターミナールで大荷物を降ろし、夫が車を返却に行きました。

待てど暮らせど戻ってきません

不安、、、、

時間はまだありましたが、、、

wifiルーターの契約をしていなかった事が最大に悔やまれました。

 

不安

 

やっと戻って来ました。

最初に車を配車してくれた彼の返却場所の説明はP3-F3

P3という場所がなく、探し回って、一番遠い所にある事をバスの運転手に教えてもらってたどり着いたとの事。

 

Guide to Icelandの契約しているのが、小さなレンタカー会社だったのではと思える

クレームのメールを送っていたが、未回答

 

オスロで乗り換えて、コペンハーゲンへ

タクシーでホテルへ すっかり夜です

もうすっかり遅くなり疲れて足の痛い夫が歩けないというので、ホテルの近くのレストランへ

しかし満席と断られ、回転寿司のお店へ

経営者は中国人

奇妙なネタ、巻きずしをフライしてあるものにはびっくりポン

 

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

 

 

| Iceland.Denmark 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
アイスランド 2/1

お天気が気になる。

曇りのようです。

真っ暗の中、集合場所のカフェまで1時間走る。

もう一杯の人が集まっている。

ヨークルスアゥルロゥン・カフェの前から まだ薄暗い

 

氷の洞窟は夏の間に氷河の下を水が流れることで形成される。

水の流れによって900年の歳月をかけて作られた氷河が少しずつ溶かされ、やがて洞窟を形成する。

 

_DSC8104.JPG

カフェの受付で、待ってて下さいと言われ

外にいたGuide to Iceland の係りの人が「残念なお知らせです」と

折角はるばる来たのに、、、、涙

「全額お返しします、50%で代わりに氷河ハイキングに参加出来る」との事

どれ位歩くの?と聞いたら30分位と聞いたつもりでした。

10年前アラスカの氷河で歩いたことがあるので、もういいかなと思ったけど、折角だから参加する事に。

ジープみたいな大きな車に乗って出発

ガイドはシュワン、アイスランドの俳優でもあり、楽しいナイスガイでした。

途中でタイヤの空気圧を変えて、ラフ道路へ

アイゼンとヘルメットを着用して、小雨の中出発

_DSC8134.JPG

斜め傾斜面を滑らないように横切る、1列で歩いていくようにと言われる

ステッキを持って行ってたけど、私のはゴムが付いていて、つるつるの氷の面には何の役にもたたない

後で夫に外してもらって、なんとか。

足をハの字の逆型に出して歩く。

夫は足が痛いので遅れる、、、

大丈夫?迷惑になりそうで、途中リタイヤしたいと伝えるとガイドは大丈夫、行こうと。

これでは30分以上ではないの?

 

他のメンバーによると、4時間ツアーらしいとの事。

洞窟ツアーの方は2時間半の予定だった。それより長い!!!

半額なのに?

 

_DSC8172.jpg

_DSC8124.JPG

 

_DSC8111.JPG

 

 

_DSC8141.jpg_DSC8160.jpg

 

つるつるの氷

 

 

_DSC8136.JPG

 

この窪みを降りて

 

_DSC8129.jpg

 

少しだけ見えた氷の小さな洞窟

ガイドにへるぷしてもらって降りて登って。

 

ムーラン

 

_DSC8165.jpg

 

 

 

 

 

 

この窪みにも降りて、、、

_DSC8152.JPG

集合写真を撮って

 

_DSC8155.JPG

 

 

なんとか無事に戻ってくることが出来た。

_DSC8168.JPG

 

クタクタ

本当に滑りそうになる氷の表面を歩くのは我々お年寄りにはハードでした。

 

アイゼンと、ヘルメットのはずし方もヘルプしてもらって、、、

ジープに乗って戻ります。

 

_DSC8175.jpg

 

空気のタイヤ圧を調整しているガイド

 

大きなタイヤが分かると思います。

この車12人乗り位かな

 

月面のようなガタガタ道を走った訳で

ラグーンに浮かぶ氷河の塊

 

_DSC8488.JPG_DSC8483.JPG

4時間ハイキングを終えて

カフェでホッと軽食。

 

昨日の海岸へ ダイヤモンドビーチ

 

_DSC8185.JPG

_DSC8186.JPG_DSC8222.JPG_DSC8198.JPG

真黒な砂です。

光が欲しかった、、、

 

レイキャビクまで戻らないといけません。

予定時間に大幅に遅れた訳で、

着くのは夜、夜道を90kmで走るのはスリル満点です。

 

途中に見えた氷河

 

_DSC8237.JPG_DSC8230.JPG

 

 

何とか無事に最初に泊まったホテルに到着

 

駐車場のないホテルで街の真ん中にあります。

ぐるぐる回って本当にラッキーな事にホテルの真ん前に駐車出来ました。

朝9時までは無料だそうです。

何せ大荷物なわけで、、、

このホテルはエレベーターが旧式で扉を自分で開いて乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Iceland.Denmark 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/461PAGES | >>