<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
イエローストーンの旅 その11 30日
帰国の日です。
空港でレンタカーの返却をして、ブルートラムで一番遠いところにUnited がありました。
チェックインすると、ラゲージ1個が増えたけど無料でした。ホッ!

機内食は期待できないので、和食のお店でおうどんを頂きました。
1908337_699885626750907_537399941555688933_n.jpg
天ぷらがカラッとして美味しゅうございました。
おうどんのおだしはちょっと甘めでした、、、

隣に座った方と話したのですが、ペルシャ系のアメリカ人カップル。
中国を16日間旅行して帰国したところだそうで、上手にお箸を使っておうどんとお寿司を頂いてられました。

今回はエコノミーの足が伸ばせる処を予約したと夫が。
確かに足は伸ばせるけどトイレの前でもあり、スクリーンを仕舞わないといけない、荷物は椅子の下がないので、上に仕舞わないといけないという不便さがあり、私的にはno goodでした。背の高い夫にとってはベストかもしれないけど、、、

1日夕刻、関空に降り立ち蒸しっとする空気に日本の夏だわと、、、
関空にとめていた車で帰宅。

色んな事があったけど、無事帰国出来それが何よりほっとした事でした。

今回の旅で感じたのは、お互い年を重ね、爺さんと婆さんの旅になったなあとつくづく思いました。
あれがない、これがない、知らんか?と聞く夫
私も歯ブラシセットが一時行方不明に、、、電動歯ブラシを持って行ってたので不便はなかったのですが、、、違う所に仕舞った事を忘れていたのであります。

レンタカーの二人旅はもう最後にして欲しいのですが、夫は又行きたいといっております。
夫の方に負担がかかるので、疲れて不機嫌にもなるし、、、
もうこりごりさんです。


今回の失敗は辞書を持って行かなかった事です。いつもipad miniで検索しているので、辞書を持ち歩く事をしなくなっていました。
しかし今回のイエローストーン国立公園内はネット環境がないわけで、、、ちょっと検索が出来ない不便さを何度も感じました。

英語の方は夫よりヒヤリングが出来た時があり、ちょっと嬉しくなりました。
こんな事は初めて!!!
夫は北海道では英語を使う事はなく、ロシア語の方を聞く事が多いところのようで、、、











JUGEMテーマ:旅行
| Yellowstone Teton 2014 | comments(2) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その10 29日
私にとっては3度目のサンフランシスコ
子供たちと来た30年前、霧に包まれたゴールデンブリッジを背景に撮った写真。寒さで震えながらでした、、、

先ずロンバード通りへ行ってみる
こんなに坂道のきついところだったのねえ、、、

_DSC9304.JPG

駐車の仕方がへえ〜〜〜でした。

_DSC9313#.jpg
 
人は歩いてはいけないのに、若者が走って通りぬけていましたよ。

_DSC9323.JPG

橋を渡った先の町、サウサリート
_DSC3008#.jpg

_DSC3024#.jpg
かわいいお店が並んでいてショッピング
ソックスのお店、MIのお洋服のお店、、、

ランチに
_DSC3027.JPG

大きなカップのコーヒー

パブリックの駐車場に車は停めていました
5$って書いてあるよって言っても夫はフリーの筈だと言いましたの。
夫はその時トイレに行きたいという気持ちが先にあり、、、

が車を出そうとすると窓にチケットが!!!

ガーン



43$の罰金
封筒に入れて投函するようにと、、、

現金ではなくマネーオーダーを作る必要があります。
日曜なのでどこで作る?
ホテルの人が教えてくれたスーパーも行ってみたら、出来ないと言われ、、、

荷物が増えたのでキャリーカーを買うためカバンやさんに行ったときに教えてもらったのはセブンイレブンなら作れると教えてもらえました。



今回の旅は色々な経験をしたような気がします。

バッテリースペンサーに行くべく車を走らせたのですが、道に迷いここはどこ?みたいな
ところに、、、ナビはついてるけど、さっぱりわからないのです。
ビジターセンターがあり、そこでマップをもらう事が出来ました。

日曜なので駐車するのにとても時間がかかりました。

風が強くてカメラもぶれるみたいな、、、、

_DSC3048#.jpg


軍がここに要塞を築いていたところです。
_DSC3058#.jpg

息子にCDを頼まれていたので、CD屋さんがないかホテルマンに聞いたら最近はダウンロードするからどこも閉店したというのです。
夫がネットで調べたところに行ってみる事にしたのですが、行き着いたところは大きな中古屋さんでした。びっくり、、、
親切にお店の人は希望のCDを探してくれて何とかゲット。

夕食は屋台のクラムチャウダー、生牡蠣

その後お店に入ってオイスターロックフェラーとシュリンプカクテルを

6.29..jpg

しかしこのお店、どんだけ~~~~~~~え、待たせるのって、、、

ホテルに戻り荷物の仕分け、、、




JUGEMテーマ:写真


| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その9 28日

ジャクソンレイクの朝

_DSC9261#.jpg

ジャクソン空港でレンタカーを返却しないといけません。
撮影等をしていて、ちょっと時間を費やしてしまいました。
返却場所は空港内ではなく町中に変わっていたのです。
ナビは空港内を示してなんの役にもたちません。
道に迷ったのではと不安になり、間にあうかドキドキです。
立ち寄ったモーテルのご主人にマップを頂いて無事到着
バスで空港へ

23kg以内の重量制限をこえてしまい、ひとつ荷物が多くなり、追加料金80$とられました。

_DSC9267#.jpg

予定通り飛び立ち、デンバーで乗り換えてサンフランシスコに到着。
この日はすべて予定通りでした。ホッ!
機内食はやはりどうよって感じのものしか出ませんでした。
スナックという有料のボックスがありましたが、買う気になれないものでした。

サンフランシスコ空港でエアレインに乗って、レンタカーのカウンターへ
シスコではレンタカーを利用しないという案もあったけど、英語の先生にバッテリースペンサーを教えて頂いたので、トヨタの小型車を。
ナビはNeverlost
以前利用した時は数字の読み方が変な時があって、笑えたのですが、すっかり日本語もスムーズになっていました。
しかし、日本のような丁寧なナビではありませんが、、、

空にあれは何?何かひらひらしています。

_DSC9275#.jpg

拡大してみると

_DSC9275##.jpg

広告のようでした。

この日はAT&Tパークでサンフランシスコジャイアンツの試合があるみたいで、たくさんの人がユニフォームを着て、歩いている時間でした。
どこから歩いてるのかしらん?


フィッシャーマンズワーフに近いホテルです。
なんと都会のホテルでしょと感激してしまいました。

6.29..jpg

テレビも電話もコーヒーメーカーもあります!!!普通は当たり前ですが、、、、

ベッドサイドのコンセントの横にUSBの挿し口までありました。

夕食はピアー39でクラムチャウダー+シュリンプ添え


ちょっとすっぱい大きなパンの中に入ってます。
スープは美味しいけど、パンの酸っぱいのは好きじゃないなあ、、、

ホテルではもちろんwifiに繋がる事が出来ました。
photoshopCCはネットに繋がっていないと使えないのです。
この日初めてRAW画像をひらいてレタッチ作業を少しだけしました。



| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その8 27日
今日はTeton国立公園へ移動です。

スネークリバー
_DSC2936#.jpg

ラフティングしているボートも見えました。
ロッキー山脈に雲がかかっているのがまことに残念でした。
川が蛇行しています。


_DSC2942#.jpg

シェーン カムバック!



Pronghorn プロングホーン 親子の群れ

_DSC2883.JPG

_DSC2891.JPG

おしりが白いのが特長です。


_DSC9217#.jpg

_DSC9202#.jpg

ハーレーダビッドソンのかっこいいこと!

ここからTeton国立公園に入ります。

_DSC9223#.jpg

Cunningham Cabin カニングハムキャビン

_DSC9241.JPG

1888年、ニューヨークからやってきた男が牧場を経営していた場所、チャレンジャーです!

そこで見つけたのは
_DSC2898.JPG

_DSC2919.JPG

ナキウサギ?プレーリードッグ?

あちこちに大小いっぱい穴があいています。
この子は小さな穴から出て来ました。ならばプレーリードッグだと夫が




_DSC2961#.jpg
Chapel of the Transfiguration トランスフィギュレーション礼拝堂
 
1925年、草原の中に建てられた丸太造りの礼拝堂
_DSC2963#.jpg

木の枝だけで作ったクロス、窓越しにグランドティトンだけが見える。
ここに集った人達に思いをはせる、、、

今夜は Signal Mt.Lodge
ジャクソンレイクのほとり

土砂ぶりの雨の中着いたロッジは湖面側ではないキャビンでしたが、なんとバスタブがありました。
なんて嬉しかった事でしょう!
6.28..jpg

そしてロビーでは無線wifiに繋がる事が出来ました。
こんなに長い間ネットに繋がらない生活はした事がないような、、、
サッカー関連の記事を読む。
やはり1次リーグ敗退、、、

夕食はダイニングで
スープにしました。






が、







出てくる迄えんえん待たされました。
夫がオーダーしたバイソンのステーキと同時にだすため?


_DSC9256.JPG

明日は飛行機異動なので荷造りをしないといけません。
夫が簡易重量はかりで計測します。
三脚レンズなど重いものを持って来ているわけで、でも何を買ったわけでもないのに、一つ追加カバンが出来てしまいました。
追加料金を払わねばなりません、、、


JUGEMテーマ:写真
| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その7 26日
朝から雨です。残念です。

もう1度 Grand Prismatic Spring へ
夫が朝の方がきれいな写真が撮れると言っていたのですが、、、

_DSC2410#.jpg

誰もいませんでした。
もやのなか

この時期の天候は不順です。
雨が降ったり、晴れたり、、、

_DSC2465#.jpg

Firehole Spring

_DSC2567#.jpg


_DSC2655#.jpg

Clepsydra Geyser クレサイドラガイザー 水時計の意味、かって3分間隔で噴出していたが、1959年の地震後は常時噴出

_DSC2591#.jpg

_DSC2742#.jpg

Emerald Pool

_DSC2747.JPG

Sunset lake

色んなタイプがあります。

_DSC2773.JPG

Cliff Geiser

どれがどれやら、、、

晴れてきたので、再度Grand Prismatic Spring

_DSC2713#.jpg



ロッジに戻って来たらちょうど間欠泉の噴出の時でした。
_DSC9159.JPG

_DSC9156.JPG

ビジターセンターのあるところで、ランチ 

_DSC9152#.jpg

今日のスープ、ピザ、果物

ロビーではバイオリンの演奏をしていました。



他にも画家さんが描いてられました。水性絵具で

お客様が楽しめるようになんでしょう、、、
テレビも、ネットも、電話もお部屋にはないのですから、、、

| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その6 25日
夫が一番訪れたかった所 Midway Geiser Basin ミッドウエイ・ガイザー・ベイスン
30年前来たときフィルムがなくなって撮影出来なかったらしい。
しかし今回は快晴と言う日はなく、雨にも降られ、、、6月はそんな時期だそうですが、、、
因みに夫の30年前は8月下旬、快晴だったそうな、、、

Turquoise pool

_DSC2330#.jpg

_DSC2337#.jpg

Grand Prismatic Spring  グランド・プリズマティック・スプリング

_DSC2342#.jpg

_DSC2368#.jpg

黄色いのはバクテリアの色

_DSC2373.jpg

Excelsior Geyser Crater

_DSC2378#.jpg


そしてOld Faithful Geyser  オールドフェイスフルガイザー
1時間から2時間毎に噴出する間欠泉
おおよその時間が掲示されているので、それに合わせて待つ人の多いこと

_DSC2393##.jpg

私達は丁度ロッジに戻ってきたタイミングに2回あいました。

今回の旅で驚きは中国からの観光客がいっぱい。
日本人は数名しか出会いませんでした。
中国の人は木道で写真を撮り合い、通行の妨げになっている事に平気で、一言も謝らないのです。マナーの悪さは恥ずかしい位。
アメリカ人は愛想よくsoory,Excuse meが口から自然に出る。


連泊の予定のOld faithful Lodgeは1904年に完成した世界最大のログキャビン

_DSC9196#.jpg

_DSC9178#.jpg

ここでも予約できたのはキャビン

_DSC2815#.jpg

びっくりなことにトイレ、シャワーが共同でキャビンの並んでいる真中辺りにあります。

_DSC2816#.jpg
↑ この2枚の写真、レンズの故障でした、、、涙

夜中にトイレに行きたくなったらどうする?
ズボンを重ね履きして温かくして眠ることにしてなんとか事なきをえました、、、

しかしシャワーが問題でした
1日目、3つのシャワールームがあり私が入った処のシャワーは水に近 い温度しか出ず、クレームをいいたいけど電話がない訳で、風邪ひきそうでした。

夫いわく別の所に移動すればよかったのにって、、、そうか、誰もいなかったから空いてたのだわ、、、

室内は清潔です。
ベッドは小さめでした。

6.25.1..jpg

夕食はダイニングへ

_DSC9184#.jpg

ビュッフェスタイルで。

| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その5 25日
昨日のマスの遡上が見れるかなとポイントへ行ってみました。
会えたのは1羽のペリカンでした。
激流の石の上にじっとしていたのですが、何度か飛んでは戻るみたいな行動。

_DSC2094#.jpg

_DSC2105#.jpg

_DSC2131#.jpg

この時望遠レンズを持たずにいたので残念

Hayden Valley  ヘイデンバレー

_DSC9139.JPG

Buffalo  アメリカバイソンがいっぱい

この時期はお花があちこちに咲き乱れています

_DSC2234#.jpg


道路すぐそばにいたバイソン
_DSC2170.JPG

_DSC2179.JPG

おめめがかわいいのです。

_DSC2197.JPG
冬毛が密集しているのでなかなか落ちない。

Mud volcano

_DSC2215#.jpg

dragon's mouse

_DSC2210#.jpg

竜がないているような音と共に蒸気が発生

ノリス・ガイザー・ベイスン

_DSC9144.JPG

一番活動が盛んな温泉域 ポーセリン・ベイスン

走っているとひとだかり、何かをみつけたようです。
エルクです!



続く

| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その4 24,25日
 今日のお泊まりは
レークホテルフロンティアキャビン
イエローストーンレークの北岸に位置し1904年完成した黄色い外壁

_DSC9088.JPG

キャビンに泊まるのは初めて
ここはトイレ、シャワールームあり。
電話、テレビはありません。
_DSC9103.JPG

夕食はダイニングルームへ

_DSC9108.JPG

_DSC9109.JPG

国立公園内は一つの会社[Xanterra]が食材料理を納入しているので、どこも同じ



やはり量が多く、、、

翌朝はブッフェスタイルで、湖畔をのぞむ席で

_DSC9112.jpg

たっぷり頂いて出発

| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その3 24日
5時起きで出発
朝方はとても冷え込みます

あちこちにいるバイソンの群れ
道路を横断してます

_DSC1691.JPG

_DSC1705.JPG

冬毛が抜けていく段階でまだらです。
子供は子牛の赤ちゃんとおなじ

リス ユインタジリスも見つけました
_DSC1757.JPG


そして初めて見るブロングホーン
_DSC1876.JPG

レークトラウト迄山道を歩いて登りました。
足が痛い夫はかなりスローペースです。

_DSC8982.JPG
きれいな湖で魚釣りをしている人も

_DSC8994.JPG

ランチはルーズベルトロッジで
6.25.3..jpg

コップがガラス瓶の形

車を走らせていると人があるところを見ている場面に出会います。
野生動物をみつけたらしいのです。

白頭鷲6628.jpg
白頭ワシです。



更に、別地点でバードウオッチングしている人が対岸の木の上にある白頭ワシの巣を見つけたようです。
三脚をすえて望遠で

_DSC1968.JPG

_DSC1983.JPG

年老いたバイソンが火口の側にじっとしていました???

ロウアー滝

_DSC9042.JPG

氷河が残っている岩壁

_DSC9034.JPG

_DSC9047.JPG

_DSC9052.JPG

_DSC9054.JPG

渓谷の岩が黄色い所からイエローストーンという名前

イエローストーンリバーをマスが溯上するのが見えるポイントへ
残念ながら溯上する瞬間は捉える事は出来ませんでした。

_DSC1993.JPG
とても勢いのある流れです
レインジャーの方がマスの成長を調べていました。

_DSC9070.JPG

_DSC9057.JPG



JUGEMテーマ:写真
 
| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
イエローストーンの旅 その2.23日

1日夕方無事帰国しました。
時差ボケでぼ〜〜〜っとしていますが、夫が来週まで滞在するので、主婦をしないといけません。
いっぱい撮った写真の整理をぼちぼちしながら、続きを綴っていきます。

23日
デンバー空港11時15分発 ボーズマン12時57分着

スーツケースはちゃんと届いて待っていました。

今回のレンターカーはHertzではなくAlamo
何故かと言うと半値だから、、、
がやはり半値は半値の訳がありました、、、
シボレーの大きな車でした。
ただ、ナビが全く用をなさない、、、

_DSC1521.JPG

ランチ
なぜにこんなにボリュームがあるの?


ドギーバッグに入れてもらう。

一路イエローストーンへ
世界初の国立公園に指定されたというイエローストーン
国立公園のパスを25$で購入

1903年ルーズベルト大統領が礎石をおいたというアーチ
_DSC1533.JPG



マンモスホットスプリング
テラスマウンテン

_DSC1539.JPG


_DSC1546.JPG

_DSC1590.JPG

あちこちで湯気がたっています。

びっくりのバイソンとの初対面

道路のすぐそばに
_DSC1606.jpg

鹿さんも

_DSC1618.jpg

日の入りは9時過ぎです。
この日のお泊まりはぎりぎりに予約がとれたマンモスホテル
夕食は昼の残りと持っていってた春雨スープで。



| Yellowstone Teton 2014 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/2PAGES | >>