<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅4日目(18日)ブライスキャニオン
標高2000m〜2700mにあるブライスキャニオン。
いつのまにか登って来ていたんです。
なので気温は低く23度位

公園内は車移動できます。
色んなポイントがあり、順番に廻ってみました。
そのスケールの大きさにあんぐり、



赤い岩、ちょっと白っぽい岩、何層にも重なって、川や雨によって浸食され、自然が創り出すその光景に何枚もシャッターを切り、一体どんだけえ〜〜〜〜って位の写真
その中から選ぶのは、時間がかかります、、、
どうしても絵葉写真になってしまう、、、汗



谷底へはいくつものトレイルがあり、人が歩いているのが見えます



気持ちよさそうに見えるんだけど、谷底っていう事は又登って来ないといけない訳で、足の痛い夫は到底無理だし、私一人では寂しいし、、、






山火事が今日はモデラートだという表示がありました。
あちこちで煙が上がっていて、自然淘汰の現象なんだろうけど、直ぐ横から煙が上がっているのは、チト怖い。



赤い服の人、昨夜レストランで隣のテーブルだったアメリカの○○大学の先生にばったり。
日本からの留学生に日本語を教えてもらっていて、話しかけてくれた人でした。
奥様ときちんとお祈りしてから、食べ始めていました。
Macのノートパソコンで撮影していて、びっくり。
パソコンに取り込む手間が省けていいでしょって、、、

カラスが人馴れして、、、
コーンを上げている人がいて、、、これはいけない事なんだそうです。
絶対にしてはいけない事。

国立公園では動物に絶対えさをあげてはいけない、植物も絶対採取してはいけない。
写真を撮るだけがしていい事。


次はアンテロープキャニオンに向かって、3時間ドライブ

こんな自然が作ったトンネルを通り抜けて


レークパウエル、グレンキャニオンダムの完成のために出来たアメリカ第2の人造湖。



今夜はページで宿泊。

先ず明日のアンテロープキャニオンのツアーの確認へ。
そこで、絵葉書が並んでいて、こんな写真が撮りたいというと、受付のナバホのおばさんが6月頃にしか撮れないと言うのです。
ウッソ〜ーー!!!
このために来たのよ、はるばる!
ならば、フォトグラフツアーへの参加をキャンセルして、短い方に変更しようと思ったけど、明日は満員で変更出来ないって。
なので、そのままにする。
がっくり肩を落とす夫、、、

ここで時間的に余裕があるので、お洗濯しようと計画していたのですが、ホテルにはなく、街のコインランドリーへ。
しかし、教えてもらったのはナバホの人達御用達みたいなところ、、、、(さっきのナバホのおばさんに教えてもらったんだからか)
家族総出で寝具、衣類、車の足マットまで何日貯めたの?って言うほどの量を数台の洗濯器を動かしている光景にびっくり、、、
じっと出来上がるまで、待つ。

他のホテルにはちゃんときれいなランドリーがあったのに、よりによってという処でした。


JUGEMテーマ:旅行


| GRAND CIRCLE 2008 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/1478
| /PAGES |