<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ゲゲゲの女房
評価:
武良布枝
実業之日本社
¥ 1,260
(2008-03-07)
コメント:ドラマとはどこが違うの?

朝ドラ、「ゲゲゲの女房」を見ています。
最初からではなく、東京での新婚生活が始まった頃から見始めました。
「ちりとてちん」以来の朝ドラです。

水木氏の漫画を読んだ事ありませんが、キャラクターはなんとなく知っている程度です。

昭和の時代、貸し本屋は近所にあったように思いますが、利用した事はありませんでした。
どんな人が触ったかわからないからと言われてたような記憶が、、、
昔の親の言う衛生観念は正しかったとは思えませんが、、、
眼科に行っても、本は読んじゃだめと言われてたような、、、



今は夫婦に子供が出来たけど、貧乏のどん底みたいです。
質屋通いで、電気も停められたり、、、
左手をどこに隠しているんだろっていつも見てしまいます、、、

二人が両方の親、兄弟に頼らずに貧乏に耐えてるので、その辺はどうしてなん?って思いながら見てました。

で、原作を買って、あっという間に読んでしまいました。

疑問に思っていた事の答えが原作に書かれていました。

軍人恩給があるはずだろうに、まして傷痍軍人だし、、と言う疑問

それは親が受け取っていて、親孝行な水木氏は親に心配かけないように請求しなかった。
母親の事を「イカル」と呼んで、直ぐ怒るらしく、面倒なので現状は何一つ知らせないようにしたとか。


原作にはない貸本屋の人達の話、
親達との関わりは、今後もないのかなあ、、、

ドラマの脚本って原作とは別なるもの、面白いなあって、、、






JUGEMテーマ:読書
 
| reading | comments(4) | trackbacks(2)
コメント
朝、掃除機をかけながら BSで観ています。

ドラマだと
割愛も多いでしょうね。

本を読んで観ると
また違った印象もあるでしょうね。

読んでみようかな?
| あみこ | 2010/06/13 12:30 PM |
☆あみこさんへ


割愛というより、膨らませているように感じます。
あの貸し本やさんや、町の人達などのお話。

原作からドラマの脚本にするとこうなるのかと感心します。
実話だから、展開は変わらないはずで、安心です。

展開を変えてしまう脚本とかもあるので、作者がそれを許すのが私は納得いかない時があります。

| vivi | 2010/06/13 11:14 PM |
原作読まれたのですね?読んでみたいなあ。
私は偶然観た水木ご夫婦のファンになって、ドラマも観ています。
昭和40年近くの、東京オリンピックの頃とは思えない生活にびっくりですね。
お母さんが恐くてイカルというあだ名をつけてたのは、ドラマでもやってました。
軍人恩給ね!それは忘れていたわ。
色々とえらい方だと思います。
漫画はほとんど読んでないんですが・・^^;
| ジジ | 2010/06/14 1:33 PM |
☆ジジさんへ


ジジさんに面白いよと聞いてから見始めたと思います。多分、、、?
今度本持って行きますね。
私達の子供の頃と同じとは思えないですよね。

「イカル」出てきていましたか。
結婚してから布枝さんのお父さんは上京して来たけど、茂の親が1度も出てきてないよね。
昔は遠い、遠い東京だったみたい、、、、
嫁姑とかあったみたいだけど、ドラマでは描かれてないと思います。

貧乏時代が長く、とても大変で、売れるようになったらなったで、又色々大変で、終わりよければ全てよしと言う夫婦生活だったみたいです。
| vivi | 2010/06/14 8:45 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/1904
トラックバック
「ゲゲゲの女房」第64回 今日も 藍子ちゃん名演技やったぁ 水道の集金に来た人に 居留守を泣いて知らせるんやもん さっすがやぁ って、今日の藍子ちゃん 昨日と違ってるね 「藍子ちゃん2号」の登場やわぁ 今後も「3号」「4号」「5号」ってあるんかなぁ?(笑.(続きを読
ゲゲゲの女房 最新情報 | 2010/06/13 5:53 AM
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2010/06/20 6:44 PM
| /PAGES |