<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夕張ファンタスティック映画祭
映画祭のゲストパスを頂いたので今年3度目の北の国

オープニングセレモニー会場に早めにと着いたら既に行列
パスカードを首からぶら下げて並んでいると「ゲストの方はこちらからどうぞ」と言ってもらい、会場へ

お祝いの樽酒の鏡開き
升酒をふるまっていました。

会場に入ると 殆どがリザーブ席
映画関係者が座るようになっていて、私達は後ろのほうですが席を確保しましたが、殆どの一般客は立っていました。

_DSC3660.JPG


オープニングはプロジェクティングマッピングの前で3人の女優さんのパフォーマンス
今年が第25回で、「おかえりなさい」、「ただいま」という声掛け
竹下内閣の時、地方再生資金で夕張は映画祭を開催することにしたそうで、その後財政破たんで開催が危ぶまれ、なんとか支援者の協力のもと1年抜けたものの、今年は第25回


大森監督がオフシアターコンペの審査員でした。
「あまちゃん」の時に出ていた地元ガールズの一人がニューアワード賞
そして松田龍平がオープニングの映画「ジヌよさらば」で舞台あいさつ

アカデミー賞にノミネートされている未公開映画等 7作品見ることが出来ます。
日本映画に興味のない夫なので、「ジヌよさらば」はパス

20日、私が会場に行くには自宅からはタクシーで行くしか方法はありません。
快晴の青空です
外で開場を待つ人が並んでいます
30分前に入場。
この日は高倉健さん追悼上映「幸せの黄色いハンカチ」
テレビで見たことはあったのですが、記憶があいまい

北海道をレンタカーで移動して夕張までというロードムービーでもあり、刑期を終えて出所した高倉健、元嫁の待つ炭鉱の家にたなびく黄色いハンカチ

しみじみするストーリー
武田鉄也がとても鼻につきいやだったけど、今回はあのキャラも許せてしまいました。

上映後幸せの広場へバスで連れて行ってくれました。

1..jpg

元気なガイドさんが撮影秘話などを話してくれました。
シーン127の台本通りに3人のお客さんが演じて、鉄也の物まね(金八先生)でセリフを言って、みなさんに大うけ。

黄色いハンカチがたなびいていました。
赤いファミリアの車も展示

3..jpg
その周りには黄色いメッセージカードがいっぱい。

会場に戻ってオフシアター系の映画を見ようと思ったのですが、満員で見ることが出来ず帰宅。

この日の夜、夫と「シェフ」を

フジテレビの笠井アナがとくだね終了後ボランティアできて、前説と後説をしてくれました。
7年位通っているらしい。



今回はアカデミー賞のノミネートされている3作品を見ることが出来るとのこと
日本では未公開のものばかり。

主人公が移動販売するとても美味しいキューバンサンドイッチを映画祭のスタッフが再現したそうです。
しかしこの日は売り切れてしまい、残念

21日
10時から日本映画「くちびるに歌を」
夫に送ってもらい、会場へ
長い列がすでに

出演者の男の子が来ていて撮影時よりぐんと背が伸びていました。
アンジェラアキの「手紙」がコーラスの課題曲
じわ〜〜〜〜っと涙、涙
終演後、夕張の中1、中2、総勢60名が合唱してくれました。

_DSC3683.JPG

Yahoo newsにも上がっていました。

夫と合流して
キューバンサンドイッチを予約しておいて買うことが出来ました。

_DSC3685.JPG
なるほど美味しゅうございました。
500円という高値にちょっと驚くけど、、、

スタッフ手作りのパン等も150円という高値で、最終日には100円になって、お買い上げ

1時半から「博士と彼女のセオリー」ホーキング博士の実話
余命2年と言われた博士と結婚し病気が進行していくが3人の子供に恵まれて、、、、
アカデミー賞男優賞を受賞

その後のバードマンをパスしてしまいました。

22日
11時からのイミテーションゲーム
エニグマを解読したイギリスの数学者の実話
ドラマティックな事実に圧倒される内容でした。
主人公を演じたカンバーバッチは実際に会うとバランスの悪い顔だと笠井氏が

_DSC3689.JPG

夕張の着ぐるみはメロン熊、子供に怖がられるので評判は悪い、、、「


夜夫に送ってもらって、クロージング作品「イントゥザウッズ」
ディズニーのミュージカル映画
メリルストリープの怪演
シンデレラがちっとも可愛くないのが、残念

去年はアナと雪の女王がオープニング作品だったそうで、日本で最初に公開されたのが、夕張だったとか。

23日
オフシアーター作品とショートフィルムの受賞作品の上映会
流石に月曜までいる人は少なかったけど、
「メイクルーム」と「今月のあの日」
まあこんなものかなという感想です、、、

映画祭なるものに初めて参加
今回の会場が耐震性に問題があり取り壊されるので、来年の会場には上映設備が整っていないという。資金面でも難題大有りのようですが、来年もまた会いましょうと、、、


今日アカデミー賞の発表があり、見逃したバードマンが作品賞他受賞していました。
公開されたら見ましょう!

この夕張ではwowowの契約をしていないのですが、wowowのオンデマンドでタブレットで実況を見ることが出来ました。


JUGEMテーマ:映画
 
| HOKKAIDO 2015 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
さすが夕張映画祭ですね!
充実の内容で、映画三昧うらやましいわ。
ご夫婦で楽しめて良かったですね。

どれもこれも面白そうですが、私的にはアカデミー受賞の「バードマン」が一番見たいな。
あと、IN TO THE WOODS もぜひ。

夕張は全国の映画ファンに支えられているんですね。
何だか、遠くからでもほっとする話。
| ジジ | 2015/02/24 10:17 AM |
☆ジジさんへ


夫は3作品、私は6作品観ました。
お天気に恵まれてよかったです。でも歩道はツルツルであちこちですってんころりん現場を目撃

企画したスタッフがgood jobだったようで、アカデミーノミネート作品を3つも上映出来て、それを全部見ることが出来た人たちはほんとにラッキーだったと思います。
私は一つ見逃してしまったんだけど、、、それが作品賞だった訳で、、、ジジさんのような映画通じゃないので仕方ないなと、、、
公開されたら是非ご一緒しましょう。

| vivi | 2015/02/24 10:51 AM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2511
| /PAGES |