<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
奈良へ 1/8
昨夏フランスから来日のシモーナ親子を京都へ案内しました。
息子さんのヨハネスが大阪へ再来日、CHIさんと奈良を案内する事に。
慈光院へ
新大阪駅で集合してCHIさんの車で。
ナビを付けていない車なので、スマホのGoogle Naviを使って慈光院を目指す。
指示通りいくと、駐車場じゃないところへ誘導され、?
通行人に聞いて細い細い石だたみの坂を上って行くと、駐車場がありました。

_DSC6148.JPG

禅宗のお寺で、茶道石州流の発祥の地
先に精進料理を頂きました。
お座敷でストーブは2つ点いているのですが寒い、、、

_DSC6097.JPG

ご飯はレンコンごはんに梅干しのエキスがかかっている。

白みそのお吸い物とお野菜の煮物が温かくって美味しゅうございました。
ヨハネスも完食でした。よかった、、、

丁度、食後に観光バスが着いて団体が入ってこられ、住職さんのお話が聞けました。

_DSC6100.JPG

お抹茶を頂きます
_DSC6103.JPG

石州の家紋の干菓子

_DSC6137.JPG

_DSC6104.JPG

_DSC6108.JPG

奥にお茶室が2つあり、

その後ろに本堂 「方丈が」あり、こちらは昭和59年築

_DSC6123.JPG

その天井に竜の絵が描かれています、

_DSC6119.JPG

拍手をすると床と天井の共鳴で竜の鳴き声のような響きが聞こえます。
ヒノキと杉の組み合わせで、この共鳴が生まれたそうで、最初からそうなるようにと建てた訳ではなく、ただ、そうしようとして建築しても結果は出来ないらしい。

このお話とお庭の素晴らしさをおじいさんの住職さんが延々説明して下さった。

_DSC6129.JPG

立派な御用の松と梅

袖ふりの松

_DSC6131.JPG


_DSC6141.JPG

袖ふりの松の右側を通ってお侍さんが躙り口へ

_DSC6143.JPG

次は法隆寺へ
小学校の時の遠足で行って以来です。

八角の夢殿

_DSC6156.JPG

_DSC6174.JPG

_DSC6176.JPG

_DSC6187.JPG

唐招提寺とかも行こうと計画していましたが、閉館が4時半というので、無理でした。
なので一路大阪へ戻りました。途中あべのアルカスが見えたので、急遽上ってみる事に。

1500円の入場料です。
並ばずにあっという間に60階へ

_DSC6191.JPG

エッフェル塔の方が高いというけど、この展望台の位置はエッフェル塔の展望台に位置よりは高いはず

動画が映し出されます。

_DSC6206.JPG

そして降りてくるといっぱいの観光客が並んで待っていました。
私たちは並ばずにとてもラッキーでした。

曾根崎近くのサケダイニングフジというところでCHIさんの娘さんと待ち合わせて夕食

1.18.5..jpg
1.18.4..jpg

お酒の肴にぴったりの美味しいメニュー

古伊万里の器とかも使用しています。
周りに古伊万里の食器やそばちょこがいっぱい並んでいました。

今回も彼は車のドアーの開け閉め、階段では手を貸してくれ、紳士のふるまいでした。
20歳ですが、3年も飛び級して今は院に在籍中なんだそうです。

おばさん相手は嫌じゃないのかしらと思いながらも、彼は楽しかったと言ってくれて、再会を約束してさよなら。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| day trip | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2532
| /PAGES |