<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ノリタケの森へ

三田村商店さんからの宅急便の中に入ってたDM「ノリタケアーティストクラブ名古屋教室第24回作品展」

ノリタケの森に行ったことがないので、Chisさんに連れて行ってもらう事に。

急な事でChieさんは午前中の用事を済ませてから合流という事に。

新幹線で名古屋駅へ

初めて降り立った私。

すごく近代的な大都会の様相、キョロキョロしてしまいました。

新神戸駅の自然の中にある駅とは趣が違いました。

 

駅から歩いて15分ですが、膝に不安があり、暑いしタクシーで。

Chisさんはウン10年前来られたことがあるそうです。

 

広い緑豊かな公園です。

 

先ずセルフィー、自撮り棒を持って来て下さったのに、又不具合で機能を果たさず、、、

アナログで、

 

ノリタケクラフトセンター

入場券が、フリーな世代になってしまいました、、、係りの方に驚いて頂けました、アハ

 

1F、2FはNo Photo

 

生地製造工程 実際に作業をしておられます。

マスターコースのお勉強したはずなのに、なんだか初めて知るような、、、

釉薬をスプレー照射、手作業での釉薬かけ

ボーンチャイナと白磁、形態でも仕方が違う

 

2Fは実際にペインターさんがお仕事をされていました。

説明要員さんが色々質問する私達に丁寧にお答えして下さる。

彼女が分からない時は、ベテランのO さんに聞いて下さって、これもまた丁寧にお答えくださる

殆どが特殊シールで、金彩もシール

来年の干支にシールを貼っておられました。

干支ベビーーちゃんシリーズがショップにあると教えて下さいました。

 

O氏は写真を見ながらワンちゃんを小さなプレートに描かれている。

写真を送って描いて下さる事もノリタケの絵付け士がしている事に驚愕

お値段もそれなりで、、、

そして1番の驚愕は絵付け士がノリタケに5人しかいないと言う事

効率を図るために色んな特殊転写紙を開発している訳で、、、

 

O氏は1mほどの大きな壺に手描きももちろんされていて、焼成後に冷却の時に破損したものも置いてありました。

金彩の手順も惜しげもなく教えて下さり、お名刺まで頂きました。

 

体験コーナーもありましたが、それはホントにお絵かきみたいな事をさせてくれる。

 

ノリタケミュージアムは3F,4F

 

_DSC0604.JPG

 

_DSC0491.JPG

 

_DSC0475.JPG

昔は全て手描き、

 

ディナープレートと、カップ&ソーサーがずらり

 

_DSC0472.JPG

 

私がお嫁入りの時に持ってきた図柄もありました。

 

_DSC0470.JPG

 

4Fはオールドノリタケ

 

_DSC0470.JPG

 

ランチは園内のカフェで

IMG_2588.JPG

蕎麦の

 

Chieさんが到着、再びミュージアムへ 何せフリーなので、、、

 

ギャラリーで開催中の作品展へ

アーティストクラブに在籍の方の作品、2年くらいの方から10数年の方まで

 

ポーセレンクラフト体験もやっていました。

2時間半かかるので断念

 

ショップであれこれ購入

その後三田村商店へ

 

先日マスタークラブの展示会でブースにおられた3人と依然北海道でイッチン盛りのご指導をされた方がおられて、

色々絵付け談義

平筆や、白磁等を購入しました。

前日にラインで繋がる事が出来るようになったのですが、

それは個人とお店が直接トークできるようになっているとの事

名前は適当につけているけど、私個人と認識しているとの事

へえ〜〜〜〜ほお〜〜〜〜でした。

 

ひつまぶしの元祖店、

蓬莱軒 松坂屋店へ

_DSC0685.JPG

4度楽しめる食べ方

こげてる?

楽しみにいていたので美味しくて完食、お腹いっぱい!

 

先月の展示会での色々な清算をやっとすることができました。

 

帰りの新幹線はやや混みながらも座って帰れました。

 

 

JUGEMテーマ:ポーセリン

 

 

| porcelain | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2591
| /PAGES |