<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小学校の恩師の

立春が過ぎた今日、恩師の奥様から届いたお葉書

手書きで、先生が昨年7月に肺炎から急逝され、暑い時期でもあり家族でみおくったとの事、

ずっと御年賀状のやり取りをして来て、今年は頂けなかっtので、?と思いつつ、、、

お尋ねもしないまま、過ごしておりました。

 

小学校の卒業時に同窓会幹事のお役をO君と指名されて、うん10年

 

数年前から三度ほどO 君と一緒に幹事をして、3学級一緒にクラス会を開催してきました。

最後の時のはPAMC のお仕事で参加出来ませんでした。

今となっては心残りです。

 

ずっと一緒に幹事をしてきたO 君のところにもお葉書が届いていて、

  奥さまは、多くの人に葉書を出されたであろうと拝察されますが
 一枚一枚手書きにされ、それを纏めて出すことで
 同じ日に届くようにされたのかもしれません。
 いただいた葉書にいろいろなご配慮・お気持ちを感じました。
 
 M先生に担任いただいたことに感謝し
 ご冥福をお祈りしています。

とのメールを受け取りました。

本当に奥様のお葉書は書き慣れた文字という感じではなく、余計に心にしみました。

 

5、6年持ち上がりで、私が受験する時にも応援して下さって、

先生はクリスチャンでしたので、教会とは無縁の我が家の私に灘教会の神父様を紹介して下さった、多分、、、記憶が薄れてるけど。

優しい面に反して鉄拳もあり、

遠足などの行事の際、先生が撮って下さった写真がアルバムにいっぱい。

 

先生のご指名で幹事をずっとしてきて、2006年にはM学級だけのクラス会を開いて、とても喜んで頂けた事が何よりでした。

O君と私を指名して下さった事に感謝です、、、

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

| daily life | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2600
| /PAGES |