<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
青森ねぶた祭り(8/4)

飛行機のチケットを取り損ね、気付いた時にはなくって、、、

今回は伊丹空港から仙台へ飛び、新幹線で新青森駅へというルートで。

仙台駅で新幹線の切符を買おうとすると立ち席しかないとのこと。

仕方ありません。ギリギリの新幹線の切符を売ってくれました、が、私が違うホームに上がってしまい

気付いて急いで上がって行ったら発車したとこ!

で、車掌さんらしき人に聞くと改札口で聞いて下さいって

で、戻ったら次のに乗って下さいって。

わざわざ戻る必要がなかった。キャリーカーを引っ張って汗タラタラ

 

満席なので、デッキで立って、パンを食べてました。

 

次の駅から空いている席に座れました。

 

夫にピックアップしてもらい、お家に。

26度くらい

 

早めの夕食を頂いてから、ねぶた祭りが見れる場所へタクシーで

 

有料席が並んでいますが、道にシートを敷き場所取りし、お弁当をひらげている人達も

交差点ではねぶたを廻してくれるのです。

先ず可愛いピカチュウのねぶた。

_DSC1787.JPG

 

らっせーら、らっせーらと掛け声をかけて飛び跳ねている人。

跳人 はねとと呼ばれる

旅行者もねぶたの正装をすれば参加出来ます。

 

笛と、太鼓とカネの音

小さな子供も行進していきます。

毎晩これをするって、大変だと思うのは私だけ?

 

_DSC1810.JPG

小雨がぱらつき始め、カバーがかけられています。

 

_DSC1835.JPG

 

_DSC1858.JPG_DSC1865.JPG

歴史題材のもの、歌舞伎の場面等のねぶたの行進が続きます。

ねぶた作者なる人たちがいて、昔は竹で骨組みを作っていたそうですが、今は針金。

 

雨が酷くなってきたので、帰る事に。

しかしタクシーが捕まえられない。

土砂降りの中、やっと空車を見つける事が出来ました。

 

| AOMORI 2018 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2618
| /PAGES |