<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
韓国の旅 ソウル 昌徳宮へ 2

朝5時起き。ユンジが用意してくれていた,おでんを温めて頂く。

タクシーで釜山駅へ

SRT(新幹線)で2時間半でスソ駅へ。

地下鉄に乗り換えて三成(サムソン)駅へ。

そこから地下街を歩いて、歩いてインターコンチネンタルホテルへ。

地下街でファッションショーのリハーサルをしていたので、ちょこっと見学

 

_DSC1750.JPG

巨大な本屋さんです

 

ホテルでチェックイン

ユンジの実家が近いと言う事で選んだホテル。

expedia で予約したのですが、私の確認不足で、えらい事になりそうでした。

ダブルベッドの部屋を予約してしまったので、シングルベッドの部屋を予約し直し、ダブルの方をキャンセルしたところ、

キャンセル不可の分を予約していたことに気づき愕然としました。

いつも注意していたのに、今回はちゃんとチェック出来ていなかった、、、

6万うん千円を支払わないといけない!

ガーーーーーン

expediaに電話して、間違って予約してしまいましたと、同じホテルなので、ホテルに聞いてみますのでそのままお待ちくださいと

待ってる間の不安感はかなりでした。

キャンセルできましたといってもらえて、本当にホッとしました。

 

そして、エキストラベッドをお願いしているけど大丈夫ですかとホテルに直メッセージを送ったら、一晩数千円必要だと言う返事

1人追加代金支払っているのに?

で、expedoaに電話したら、必要ですとの答え

2つのベッドに3人寝ると言う事だと、だからエキストラベッド代は必要だと!

 

で、チェックインの時支払おうとすると、大丈夫です。必要ないと!

そらそうでしょ!って

 

帰国後ホテルにメッセージを送ると謝罪がありました。

 

ユンジの義理のお姉さんがチャンドックン昌徳宮の日本語ガイドツアー予約して下さっていました。

タクシーで向かう

降りた所が違っていて、待ち合わせの場所まで、歩く歩く

 

_DSC1759.JPG

韓服を着ていると入園料が無料になるらしい。

家族全員が韓服の方達、若い女性、おじさんも

 

1時30分からなので、買って下さっていた、キンパを頂く。マシッソヨ

ユンジがオンニと呼ぶので、私達もオンニと。

美肌のオンニ。とても若く見える。

初対面だけど、ノリが同じで、楽しい方

昔キャビンアテンダントをしてられたとか、でも英語は得意じゃないので、翻訳アプリで会話

 

秘苑の日本語ツアー

日本人は少なく、韓国の方、セルビアからの若い女性や、ヨーロッパ系の方も

 

_DSC1778.JPG

リスがいました。

 

_DSC1781.JPG

 

_DSC1787.JPG

屋根の上にシラサギが

 

_DSC1788.JPG

 

科挙の試験をした広場は、今は木が植わっていました。

韓ドラで見た場面です。

 

_DSC1795.JPG

不老門

大きな石をくりぬいた門で昔は扉があったと。

 

_DSC1799.JPG

_DSC1803.JPG_DSC1804.JPG_DSC1806.JPG

オンドㇽ部屋は石の床に紙が貼ってある。

火をくべるところ

煙突

 

翠寒亭

 

_DSC1813.JPG

 

_DSC1815.JPG_DSC1832.JPG

 

東京ドーム10個分ある広さで、1時間半、登ったり降りたり、ものすごく歩かないといけないツアーでした。

 

王様の移動はすべて籠で。

歩く事のなかった王様は短命

 

日本語のガイドさんは大学で日本語を勉強したそうです。完璧な日本語でした。

チマチョゴリを着てられました。

 

 

 

| Korea 2018 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2630
| /PAGES |