<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
フェルメール展へ

予約していたバスツアー「長谷寺の牡丹、春日大社の藤、室生寺の芍薬」4/25 が参加者が少なくてキャンセルになったと言うお知らせが来ました。

久しぶりのバスツアーを楽しみにしていたのですが、がっかり

 

それで、フェルメール展へ行って来ました。

大阪市立美術館、天王寺駅から歩いて、、、

動物園に写真撮影に行った時に、見た建物でした。

住友財閥の本家の跡地だったそうです。

 

人出はやはり多くて、最初に20分ほどのビデオを見てから観賞。

オランダの画家たちの作品を見てからやっと、フェルメールの6作品を見る事が出来ます。

光の画家といわれる、窓辺から光が入る構図がお好きなようで、、、

窓辺の実際の様子を再現した美術家がいた、ぎりぎり窓辺からの構図。へえ〜〜〜〜ほお〜〜〜〜でした。

カメラ目線というか、画家に目線が来てる構図も写真のワンショットみたいで、、、

トリ持ち女という画題がユニークで、カラフルな作品、これが一番大きい作品でインパクトありました。

初めて美術館外へ持ち出された作品だそうです。

 

東京の展示会での8作品中の4作品と新たに2作品で6作品でした。

東京では60万人だったそうですが、大阪はまだ30万人みたいで、、、5月12日までです。

 

IMG_4488#.jpg

 

IMG_4494.jpg

 

駅への周辺はすっかり様変わりして、芝生、お店、

IMG_4495.jpg

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:趣味

 

 

| daily life | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
テレビで観ましたが
すごい行列でしたよ(´д`)
でもすごい作品を観られて良かったですね(*^-^*)

春爛漫の今
美術館周辺の風景も
カメラモードに入れるのでは?

これからも
作品楽しみにしています\(^_^)/
| あみこ | 2019/04/21 6:27 PM |
あみこさんへ

この日は並ぶこともなく、当日券を買う事ができました。

この翌日に「よーいどん」のロザンのうんちくんで市立美術館のをとりあげていました。

スマホで写していた画像を追加しました。
| vivi | 2019/04/22 9:14 AM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://vivi619.jugem.cc/trackback/2651
| /PAGES |