<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
東京同期会へ

12日函館空港へ送ってもらい、羽田へ飛びました

東京駅へ行く方法、私は空港バスしか頭がなく、間に合うかしらとか不安でした。

空港へは神戸でも北海道でも空港バスを利用するのが常でしたから

モノレールという便利なものがあるのに気づいた私!浜松町でJR乗り換えで行けるのだ!

しかし停まっていたモノレールに飛び乗ったら、それは各停でした!快速がある事を知らなかった!

時間に余裕があったので問題はなかったけど、、、

 

旅仲間とみどりの窓口で待ち合わせていました。

最初の計画では郡山から三春の滝桜を見に行く予定でしたが、まだつぼみというので、かおるさんの提案で福島の花見山公園へ変更する事にしました。

新幹線指定席券の切符はかおるさんが手配してくれていました。買い替えの必要がある区間のみ、返金してもらえるのでその手続きが必要でした。

かおるさんはいつも直ぐお電話をかけてあちこちに質問して下さいます。私はもっぱらネットで検索するタイプです。

幹事役としていつも頼りになるパートナーです。

 

お泊りは東京ステーションホテルです!

 

_DSC9352.JPG

株主優待券10%オフ券をかおるさんがお持ちで、その恩恵にあずかる事に。

キャリーカーをステーションホテルにあずけました。

 

同期会は東京ステーションホテルのB1F 「カントニーズ 燕 ケンタカセ」

私は東京同期会に参加するのは3度目かな、、、

 

春の開催は初めての事だとか

懐かしい方たちと久しぶりのご対面、関西から出席の方も数名。

久しぶりの方に誰?みたいな顔をされたけど、しゃべっていると分かったって、、、ほっ!

 

18名の参加でした。レストランの会場は仕切られている訳ではありません。

先月亡くなったROMYさんの為に各テーブルで黙とうをささげて始まりました。

私から発信するつもりはなかったけど、K大学に進んだ方が多くてご存知の方が数名おられました。

 

高校の時の事を殆ど覚えていないと言う人もいて、誰かわからないと言う人も、、、

そんなものかなあ、、、ちょっと寂しい思いも

6年間で組替えは毎年ありました。170名ほどの同窓生です

出産で帰天された方も数名おられますが、最近はそんなニュースはありませんでした、、、

 

お料理はヘルシーでとても美味しゅうございました。

かおるさんおすすめのお店だったとの事。

4.12.#.jpg4.12.2..jpg

2次会は同じホテル内の虎屋カフェで

予約席をとるためには1人1000円以上の物をオーダーしないといけないとか、、、

梅あんみつを

あま〜〜〜〜〜い!

 

その後夕食を有志の方と行くことに。予約はしていないけどって、、、

我々はホテルのお部屋にチェックインしてあみだくじで部屋割りをして、すこしほっこりしてたら、

「桜通りの居酒屋さんで待ってるよ」とメッセージが入り、スマホで検索してたどり着きました。

 

_DSC9368.JPG

5時から入店したので、大きなテーブルに着くことが出来たそうです。

皆さんアルコールがすすんでました。我らのために色々オーダーして下さって、美味しい肴に舌鼓

 

まつ毛エクステ、ボトックス注入、のへえ〜〜〜〜なお話や、マイナンバーカードのお話し、、、

 

そして4次会にカラオケに行こうとなり、かおるさんと、私は参加。6名でした。

後の二人はホテルへ先に戻ってバスタイム

 

久しぶりのカラオケ、ジャズをお勉強している2人が上手にデュエット、かっこいい!

ROMYさんを偲んでプライドを。

自撮り棒で写真を撮ってくれる友、楽しい夜を過ごしました。

 

ホテルに戻ってひとしきりおしゃべり

2時過ぎまで、、、

明日は早いと言うのに、、、

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

| travel | comments(0) | trackbacks(0)
函館へ 4・8

夫の転院のため急きょお引越しのヘルプで函館へ

今までの病院で1年経って、色んな不具合が見えて来て辛抱できなくなった夫、人手不足の北海道

直ぐに着任して欲しいとの依頼があり、お引越しの日程が決まりました。

昨年は旅仲間との毎年の旅行を幹事役のかおるさんのお嬢さんの帰国、ご親戚のお祝いがあり、私はPAMCの総務役、作品集の制作と超多忙なのでパスさせて頂きました。

今年の東京同期会の幹事役を3人が務めているので、私も参加する事にしてその後銀山温泉へ行くと言うプランにしました。

すっかり旅程表が出来上った日に夫からのお引越しの連絡がありました。

えらいこっちゃです!!!

ええよ!一人でするからと夫 

いやそれは無理ですから、、、

 

13日に引っ越し屋さんが荷造りをして14日午前中に荷出しをして函館から釧路へは車で8時間、15日に釧路に搬入予定。

不機嫌な夫に相談せず、私がANAの旅作でプランをたてました。

8日に函館に飛び、荷造りをして12日に東京同期会へ、銀山温泉の旅の後、エクセル東急羽田に泊まり15日朝いちで15日に釧路へ、19日神戸へ戻る

旅作は4便までならOK,しかしどうしても前にすすめません。

電話で問い合わせると、釧路から伊丹は羽田経由となるので、5便になる。

羽田-釧路間を28日割引で片道を別途購入する事に。

 

函館へは8ケ月ぶりです。

段々一人暮らしが長くなると、どうしてこんなになるまでほっとくの?というような箇所はなくなりました。

でもやはり合格点はあげれないので、私頑張る!

既に部屋は段ボールの箱が山積です

夫はパソコンで中身を表示するためのシール作りをしていました。

上、前、横面に3枚貼るために、、、マジックで走り書きでいいのではと思う私、、、

その時間がもったいないと思うのは私だけ?

 

引っ越し先はマンションです。でも急に決まったので下見が出来ていない。

ネットの宅建サイトで360度見ることが出来るのがありました。

間取り、押し入れや確認できました。便利な世の中、、、

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| HOKKAIDO 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
韓流友との別れ

2008年から楽しみにして続いていた韓流ランチ、

ROMYさん、ジジさんと年に数回のペースで会ってマシンガントークをしていました。

そのROMYさんが3ケ月の闘病の甲斐なくあっという間に天国のご主人の元に旅立たれてしまいました。

 

3人目のお孫さんの生まれたお知らせと共にベビーちゃんの写真を送ってくれていました。

出産のお世話で忙しい日々を送っているので、忘年会はパスで新年会の約束をしていました。

 

でも、大晦日にラインで「今年のうちに知らせておくね、今入院中で病院で新年を迎えることになった」というので、ただただ驚いてしまいました。

いつものように年賀状は届きました。

直ぐお見舞いに行こうと思いましたが、私は咳が出て風邪気味なので、今は行くべきでないと判断しました。

頭の中で彼女の事がずう〜〜〜〜っとぐるぐる回っていました。

アイスランドへの旅の間も、、、

そして帰国後お見舞いに行くことが出来ました。

お見舞いに行っていいものか悩みましたが、本人に聞くと「いいよ、来て」との返事をもらいジジさんと2月15日に。

1度退院させられて、1週間で再入院お願いしたとかで、その時は個室はなく4人部屋でした。

丁度東京にお住いの次男ご夫妻が来られていて、申し訳なかったけど、少し時間を頂いて、比較的元気におしゃべりを楽しむことが出来ました。

素顔でも美人です。

「くっきり眉毛がきれいね」

「眉毛入れ墨してたのよ!」よかったねえと笑い話したり

でもやはりスリムになって病状はしんどそうでした。トイレに行くのも覚悟をして起き上がらないといけないと、、、

テレビはあんまり見れないけど、BSの「武則天」月-金だけを見てるとのことでした。

いつもの韓流ランチのように話しこみました。30分ほどかな

丁度お姉さまもお見舞いに来られておいとましました。

字を読むのもやはりしんどそうなので、ラインを送ることも控えました。

武則天を私も見始めてその最終回が3月30日というので、終わったら感想を伝えようと思っていました。

 

でも3月22日「ROMYの息子です」とスマホに電話が、、、

それって、、、悪い知らせでしかありません、、、

「日曜日に亡くなり本人の望みで家族葬で送りました」とのこと。

ただただ、あまりに早くて言葉になりません、、、悲しすぎて涙も出てこない、、、

 

ジジさんに連絡。

お見舞いに行って顔を見ることが出来てよかったねと、、、

ジジさんの快気祝いをしたのが去年5月、暑い夏、7月の韓流ランチをした時には初めてこの3人でカラオケに行きました。

その時に彼女の十八番、プライドを聞かせてもらいました。

ずっと昔からの十八番

ご主人を想って歌っておられたとしみじみ思います。

 

もうあの笑顔に会えない寂しさ、色々教えてもらえることができなくなりました。

彼女はゲーマーでもあり、face bookもしていたので、ゲームのハイスコアに彼女の名前が今も出ています。

 

中高校の時の同級生ですが、卒業後子供たちの手が離れる頃、ご一緒してお家に伺ったりランチに行ったりしてた時期がありました。

ご主人さまが阪神淡路大震災の1年後急逝され、彼女は事業の後継者としてお仕事をせざるをえなくなり、なかなか会える時間はなく疎遠になっていました。

それが、8年前、チョ・ヒョンジェ君のご縁で繋がった3人でした。

この8年ほどの濃い時間は思い出がいっぱいです。

文系の二人には色々教わることがとても多かったです。

 

ブログに綴っていたので、思い出が鮮明によみがえります。

さみしい、、、

私にとって身近にいた友との別れは初めてです。

1月経っても、いまだになかなか受け止められない現実、喪失感の大きさに打ちのめされています。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

| Korean drama | comments(0) | trackbacks(0)
南淡路へ 2/28

ポーセリンのお仲間Chi1さんのおすすめ淡路の「うめ丸」へChi2さんのお車でというプラン

加古川でピックアップして頂き明石大橋を通り、南淡路へ

快晴の青空の中のドライブ  

2回行った事があると言うおすすめ通り、美人湯のお湯でした。

4階にある温泉、露天風呂から鳴門大橋が見えるロケーション

お昼ご飯の前に入る訳で、おひさまキラキラ、日焼けしそう、、、

 

鯛尽くしのお料理をお部屋で頂きます。

 

2.28.3.jpg

鯛の玉ねぎフォンデューというのが、お初でした。

どロットした玉ねぎのすり下ろしたお鍋、他のお野菜も入っているらしいが教えてもらえなかった。

天ぷら、宝楽焼き、アラだき、釜めしまで、

もうお腹いっぱいでした。

お部屋でゆっくりして、出発

 

Yahoo newsで見た八木の枝垂れ梅を見に行くことに

山の中の民家に満開の樹齢70年の枝垂れ梅

 

_DSC9220#.jpg

沢山の方が来られていて、駐車場に入るのに順番待ちするくらいです

個人のお家のお庭です。それを無料開放されていて、庭園業者が梅を売っていたり、産地の野菜のお店も出ていて、屋台も。

 

_DSC9176.JPG

 

_DSC9175.JPG

枝垂れ梅の樹齢で70年というのは珍しいそうで、「富士牡丹」という種類だそうです。

 

_DSC9187.JPG

 

 

_DSC9204#.jpg

 

_DSC9210.JPG

飼い猫が、、、

ABC放送のクルーも丁度きていました。

 

西の海岸沿いを走って行くことに

うめ丸の「KeinoUmi」でコーヒーブレークをして新玉ねぎを買いたいという目的で車を走らせる

 

 

夕日が沈む時間です。

 

_DSC9241#.jpg

 

さらに走って行くと

 

IMG_1950.JPG

ここはどこ?みたいなヤシの木

 

IMG_1956.JPG

 

水平線ではなく、ちょっと島影に沈んでいきました。

新玉ねぎを地元のスーパーでゲット

 

そしてChi2さんのおすすめパーキングエリアのOASISのソフトクリームを頂く。

 

明石でJRに乗れるようにと走って下さって、明石なら明石焼きが食べたいと、、、

じゃあ魚棚でと、、、

 

皆さん自由のきく優しいご主人さまです。

殆どのお店は閉まっている時間。

開いていた「ゴ」で

 

_DSC9251.JPG

久しぶりに頂いた明石焼き、熱々でやけどしそう。

ソースも少しつけて、おだしに七味を入れて頂きました。美味!

 

漢字の読み取りテストがあり、10問中7問正解で、5%引きになりました。

壁には漢字がいっぱい貼ってあり、全問正解すると1年間無料だそうです。

7名位の名前が貼りだされていて、子供や、宮崎美子や、漫才の千鳥の名前が!

千鳥は1日お店にいて覚えてクリアしたとか!

 

こちらのお店、昨年末火事になって新装開店したらしいです。

何故 この赤い台は斜めになっているのかな?と

私は持ち手ではと思ったのですが、正解でした。

たこ焼きの鉄板の方が15個用になっていて、それをひっくり返して載せる時に必要だそうです。

 

この日JRが遅れていて、我らが帰途につく頃に丁度平常運転になり、無事帰宅。

1日目いっぱい遊んで食べて大満足でした。

Chi2さん運転お疲れ様でした。感謝です

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

| day trip | comments(0) | trackbacks(0)
デンマーク 2/5

いよいよ帰国です。

 

帰りは成田から羽田へ行かねばなりません。

成田で自分の預けたバックを取る時、間違ってしまった夫。

宅急便を預ける時に気づいて、大慌てで届けて、、、

 

宅急便で2つのバッグを自宅へ

 

バスで羽田空港へ

伊丹からレンタカーで自宅に

空港に迎えに来てくれた車でレンタカー会社で車を受け取る

ナビの設定もすいすい

 

今回の旅は我々老夫婦にとって、ちょっとハード過ぎました。

夫のプランですが、仕事が忙しく時間がないなか、アイスランドでのツアーを業者任せにした事が大きな間違いだったように私は思います。

東京大阪間を4往復位したようなロングドライブだった訳で、

それも雪や強風、大雨の中時速90kmで走ると言うハードな事!

 

wifiのルーターを持って行かなかった事も大きな後悔でした。

 

SASのプラスだからと荷物を増やしたのは、間違いだったとつくづく、、、

 

カード社会であると事前に分かっていたのに、夫がドルから両替を少額ですが空港でしてしまい、私はカードでキャッシングをしてみたら、結局残ってしまい、どうしようもありません。

一番最初のタクシー移動でキャッシュが必要かと思ったら、おつり銭を持っていないのでカードにしてくれと言われました。

コンビニでもすべてカードでした。

 

そしていつも思う温かい便座とウオッシュレット、バスタブの恋しい事

今回のホテルでシャワーとトイレの床に仕切りというか、区切りというか段差がないところが3つあり、

床がビチャビチャに、、、

 

認知障害の症状があるのではと思う我々夫婦が無事帰国出来た事に感謝です。

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

 

 

| Iceland.Denmark 2017 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/463PAGES | >>